はたしてMr.Thumbは善か悪か


4体のClanによって灰色に染められた世界には、秩序も概念も存在せず、

在るのは過去の蓄積された情報と、現在の隙間から覗くニヒルな笑みだけだった。

Mr.Thumbは悩んでいた。

文字や記号を羅列し、82cm四方のスペースで全てが完結しうるこの世界に、

新たな未来を提示する事は、はたして良い事なのだろうか?

未来は明るいという保証は神にもできない。

むろんMr.Thumbとて同じだが、神は未来を見る事ができるだろう。

しかしMr.Thumbは未来を見る事も感じる事も出来ない。

未来の提示とは現在との決別であり、Mr.Thumbの存在自体が無になるという事だ。

「わたしが無に入る事に恐れはない。恐ろしいのは、一旦無に入ると終わりなき無限のループを同時に形成されてしまう事だ…」

そう伝えると、Mr.Thumbはカオスボールを飲み込み、4体のClanを一度に吸収し終えると、新たなカオスを形成し、自ら無限のループへと身を投じた。

そして一瞬の色彩が82cm四方のスペースで花咲いた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

TOPページの更新に伴って、チープでアナログ的な手法で作られた散文的ストーリーのgif

K

Featured Posts
Recent Posts
Archive
Tags